会長挨拶

大曲仙北医師会長 三浦 俊一

大曲仙北医師会のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

大曲仙北医師会は平成17年の市町村合併に先立つ平成16年4月1日に旧大曲市医師会と旧仙北郡医師会が合併して発足しました。初代、下山維敏会長、2代、山下榮敏会長、3代池田芳信会長から引き続き、令和2年4月24日の医師会総会をもって三浦俊一が会長に就任いたしました。

当医師会は大仙市、仙北市、美郷町の2市1町で活動する医師からなり会員数は130余名です。開業会員のみではなく、各病院勤務の医師も多数参加して活動しております。当医師会が担当する2市1町の面積は2128.7km2とたいへん広く、これは大阪府や香川県の面積を凌駕しています。行政や各団体と連携しつつ、住民の皆様の病気や救急対応、健康保持・増進のお役に立てますよう会をあげて努力いたしております。

さて、令和元年中国武漢に端を発したといわれる新型コロナウイルスは世界的に拡散し、人々の生活は激変しております。このウイルスとの戦いは現在まだ終息の兆しが見えない状況ですが、当地域の感染状況に合わせて迅速に対処してまいりたいと思っております。

医師会ではこれまでワクチン接種事業、乳幼児検診、学校検診~学校保健事業、一般住民検診はもとより、行政と連携して「医療と健康を考える集い」など皆様のお役に立つ健康情報を発信するべく種々事業を行ってまいりました。このホームページでも「医師会からのお知らせ」や「やさしい病気のはなし」などの企画で時節を得た情報をご提供し、全住民の健康増進に寄与できますよう努めております。

当地域では65歳以上の高齢者人口比率が35%を超えており、在宅医療(往診医療)、行政と連携した介護保険事業、認知症対策も重要な課題です。また、自殺予防対策、うつ病対策、休祭日診療なども重点事業として取り組んでまいりたいと考えております。

当医師会のホームページでは皆様が受診を希望される診療科や近くの医院・病院などの情報をすばやく検索できますよう「医療機関検索画面」をトップページに設定しております。また、「休祭日診療のご案内」も皆様のお役に立てるものと考えております。

本ホームページのご利用をお願い申し上げますとともに、ご意見、ご要望やご質問などございましたら医師会まで気軽にお寄せいただければ幸いでございます。